職場での人間関係で苦労するのが上司とのやりとりである。上司と長く上手くやっていくには、まず人間性の把握から始めていくことが大切になってくる。短気な人間なのか、それとも面倒見が良いタイプなのか、それぞれでの性格をしっかり見るようにして、対策を立てていくことが第一だ。例えば、休憩時間の何気ない会話であっても、相手はこちら側がどういった態度で人と接しているかを見ている場合があるからである。こういったちょっとした事でも軽視してはならない。話題に関しても、主に話すのは仕事に関することにしておき、その他は時事ニュースなどの話をするのがいいだろう。特に仕事に関する話題では、わからないことは積極的に聞いていくことである。

もう一つ、仕事の要求にすぐ対応出来るようにしておくことも必要だ。急な頼まれ事を嫌な顔一つせずにこなすこともそうである。上司との人間関係も大切なのだが、職場内の同僚との関係性も重要である。長いスパンで考えるならば、お互いに切磋琢磨出来る関係性を築いていくことを念頭においておくといい。仕事に関して気軽に相談出来る相手が一人でもいれば、難題に立ち向かっていく際にも心強いだろう。こういった人間関係を良好に保つためには、日頃からのコミュニケーションを欠かさず行っておくことである。職場内の関係が悪化してしまう背景には、コミュケーションの不足が原因の一つとして挙げられる。たとえ繁忙期であったとしても、互いへの思いやりを忘れずに仕事をしていくことは大切な意識の一つなのだ。